知らないと損しますよ!結婚式の費用が高すぎる理由とは?

結婚式費用

結婚式の準備をしている時「どうしてこんなに費用がかかるの?」「いくらなんでも高すぎる!」と感じてしまう人は多いのではないでしょうか。しかし、人生の晴れ舞台である結婚式の費用をけちって妥協したくないという思いもあるのではないでしょうか。

今回はどうして結婚式の費用が高くなってしまうのか、平均的な相場や費用を抑えるコツなどをご紹介します!同じ式場で行う結婚式でも数十万円も差がでることがありますので参考にしてみてください。

結婚式の平均的な費用の相場

結婚式の平均的な費用の相場は、ゲストの人数によっても変わってきます。どれだけの費用がかかってくるのかを見てみましょう。

  • ゲストが20~30人の場合の費用は175万円で、内訳が、自己負担額105万円、ご祝儀が70万円となります。
  • ゲストが40~50人の場合の費用は260万円で、内訳が、自己負担額130万円、ご祝儀が130万円となります。
  • ゲストが80~90人の場合の費用は430万円で、内訳が、自己負担額185万円、ご祝儀が245万円となります。

平均的な相場からご祝儀を引いたとしても自己負担する費用は決して安くはないと思います。

結婚式の費用の内訳

結婚式はどうしてこんなにも高くなってしまうのか?どこにどれだけの費用が使われているのかを確認してみましょう。

挙式料

会場によって基本的な費用は異なりますが、挙式+パーティか、挙式のみを行うかによって費用は大きく異なります。

挙式+パーティの場合、「会場費(チャペルなど)、人員(牧師・聖歌隊など)、会場の装花」で、8~25万円ほど。(ドレスやブーケはパーティの方で計上されるので、挙式が安く見えます。)

挙式のみの場合は、衣裳・着付け・ブーケ・写真などが計上され、50~60万円となります。

披露宴会場の費用

宴会場の料金は多くの場合、大(80人~)、中(40人~)、小(~39人)の3つに分かれていて、会場の広さ、天井の高さ、インテリアなどによってその会場費が違ってきます。

この会場の費用はかなり高く設定されていることが多いので、ちょっと高いなと感じたら必ず交渉してみてください。0円になるケースも多々あります。

料理・飲物の費用

コース料理であれば、10000~25000円ぐらいが平均的な相場となっていて、飲み放題がプラスで1500~3000円かかってきます。品数を減らさずに費用を抑えたい場合は、メインのお肉をステーキからローストビーフにするなど、料理の内容を少し変えるだけでかなり費用を抑えるられるはずです。

飲み放題に関しては、高くなってしまうシャンパンやワインをコースに入れないことで費用はかなり抑えられます。

装花の費用

装花は、高砂装花(新郎新婦席)、卓上装花、ブーケ、ブートニア、その他花束などがあり、会場のデザインの統一感を魅せるためにそれぞれ同じ種類や系統の花を使用しますので、花の種類によって費用が大きく異なります。(バラやカトレアはかなり高価)

衣装代

平均的な相場は、ウエディングドレスが48万円、カラードレスが25万円、タキシードが13万円、フロックコート11万円ほどになっています。衣装を借りる場合は、基本的なアクセサリーが別料金でかかることがありますので注意してください。

写真・映像の費用

写真については、ツーショット写真、集合写真、スナップ写真など、どのような写真を撮ってもらうかによって料金が違ってきます。また、「挙式のみ」「挙式と披露宴」「パーティのみ」など、カメラマンの拘束時間によっても費用は大きく異なります。

最近では、スナップ写真だけで費用を抑えるケースが多くなっています。

引き出物

引き出物はピンからキリまであり、商品と引き菓子がセットになったものが無難です。また、プチギフトといって、パーティが終わってから新郎新婦が出口でゲストに一品を渡すケースが多いです。

結婚式の費用が高すぎる理由

結婚式の費用が高くなってしまう理由は、式を挙げるまでの準備の流れの中にあります。結婚式の費用の見積もりは、当初からかなり跳ね上がったというケースがほとんどです。

はじめの見積もりでは、会場代や料理代くらいしか具体的な費用が分からないため、正確に見積もることはできませんので、ざっくりとした見積もりを確認しただけで、正式に予約が完了してしまいます。

結婚式の費用をおさえるには?

結婚式を挙げる時期によって費用はかなり変わります。冬は特に費用をおさえることができ、夏はナイトウエディングなど時間帯を工夫することで快適に式を挙げられます。

見積もりの費用を交渉をする際は、他社の見積もりを材料にすると具体的な交渉がしやすくなります。

ムダな演出やグレードアップはなるべく避けて費用をおさえましょう!

オンラインのウエディングサービスGAMOSでは、具体的な見積もりを出してから会場見学や打ち合わせができるので、ムダに費用が高くなることはありません。
どんな結婚式にしたいのか、実際にアイテム等を細かく選んで見積もりを出せるので、安心して結婚式の準備ができます。【GAMOS】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  • LULUSIA-ルルシア-

ピックアップ記事

  1. 保険の見直し診断
    家計改善、特に支出を減らす節約に大きな効果を生むと言われているのが「固定費の見直し」です。 家…
  2. ムダ毛処理
    ムダ毛の自己処理をしている女性の多くが、自己処理に関する悩みを抱えているのではないでしょうか。 …
  3. 緊急事態宣言も3回目でストレスが溜まっている人も多いかと思います。勤務形態も在宅になったという人もジ…
  4. ダイエット失敗
    ダイエットを決意してもすぐ挫折してしまう人は後を絶ちません・・・。世界を見渡すとダイエットが話題にな…
  5. 髪の悩みを抱える人は年々増えているとされますが、原因を突き止めない限りは問題解決は難しいと思われます…

カテゴリー

ブログをメールで購読

登録すると更新情報をメールで受信できます。

3,511人の購読者に加わりましょう
保険コネクト
ページ上部へ戻る