AGAは男性ホルモンが関係している

ストレス社会の中で薄毛で悩んでいる人は多くいると思います。薄毛を引き起こすAGAには、男性ホルモンが関係していることをご存じでしょうか?

男性ホルモンは、性機能や筋肉の形成などに深く関わっているのですが、実はAGAの原因にもなっています。AGAを改善するには、その原因である男性ホルモンに対処しなければいけません。

AGAの症状や特徴とあわせて、男性ホルモンとの関係についてみていきましょう。

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、日本語に訳すと「男性型脱毛症」となります。その名が示す通り、男性特有の薄毛をさし、薄毛やハゲで悩む多くの男性がAGAによるものとされているのです。発症年齢に具体的なデータなどはないのですが、思春期以降に発症することが特徴的です。

そして、AGAには、次の3タイプがあります。

M型

いわゆる、M字ハゲと呼ばれるもので、前髪の生え際から頭頂部にかけて後退していくことが特徴です。また、後退することによって、前から見たときにM字に見えるためにM型と呼ばれています。

O型

O型は、頭頂部の髪が薄くなっていくタイプです。最初は地肌が透けて見える程度なのですが、進行することによって上から見たときに「O」の形にハゲて見えるようになります。

複合型

複合型とは、M型とO型の両方の性質を持ち、前髪の生え際が後退しつつ頭頂部が薄くなるのが特徴です。

頭頂部の薄毛に関しては、自分で気づくことが難しいのですが、日常的に手で触ってボリュームを確認するようにしておくと早い段階で気づけるはずです。

AGAと男性ホルモンの関係

AGAと男性ホルモンはどのように関係しているのでしょうか?

ヘアサイクルの仕組み

ヘアサイクルとは、髪が生えて成長し、やがて成長が止まり、髪が自然に抜け落ちる周期のことをいいます。人の髪は、1日に約0.3mm成長すると言われてますが、当然のことながら永久に生え続けるわけではありません。

髪が育つ「成長期」、毛根の退行が始まっていく「退行期」、毛根が完全に退化する「休止期」を経て、自然に抜け落ちていくのです。AGAと男性ホルモンに関係するのは成長期とされています。

  1. 早期・・・髪の成長が始まる時期は「早期成長期」
  2. 中期・・・中期成長期は、髪の根元にある毛球が大きくなって髪も太くなっていきます。
  3. 後期・・・後期成長期は、髪がさらに太くなり、皮膚の奥にある皮下組織へと到達。

成長期は、通常2~5年程度とされています。

男性ホルモンがAGAを引き起こす仕組み

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが頭皮の5αリダクターゼと結合して、ジヒドロテストステロンになることが関係しているとされます。この、ジヒドロテストステロンは、髪の成長にかかわる毛乳頭細胞に作用して、TGF-βなどを分泌。その結果、髪の成長が抑えられてしまいます。

女性であってもAGAになる恐れが

男性ホルモンは、別名アンドロゲンと呼ばれていて、テストステロンやアンドロステロン、エピアンドロステロンなどに分類されます。

筋肉の形成や髪の育成、男性器の発育や精子の生産など、体内で重要な役割を果たしているのです。男性ホルモンといえば、男性の体内にしか存在しないものというイメージを持つ方もいると思いますが、実は、女性の体内でも男性ホルモンが存在します。

男女ともに、男性ホルモンと女性ホルモンがバランスをとることによって、身体の機能を正常に保っています。ですから、ストレスなどが原因でホルモンバランスが崩れてしまい、女性ホルモンよりも男性ホルモンが多い状態になると、女性でもAGAになる恐れがあるのです。

女性のAGAをFAGA(女性男性型脱毛症)といってAGAと同じように発症するのですが、AGAとは違い、頭頂部が薄くなったり髪全体のボリュームが減ったりすることが特徴的です。AGAと同様に進行性のため、早めに治療を受けたほうが良いと思われます。

日本初・業界初!「自宅で育毛」AGAに特化した自宅で育毛プラン!完全来店不要!すべてご自宅で完結します!
自宅で育毛

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 保険の見直し診断
    家計改善、特に支出を減らす節約に大きな効果を生むと言われているのが「固定費の見直し」です。 家…
  2. ムダ毛処理
    ムダ毛の自己処理をしている女性の多くが、自己処理に関する悩みを抱えているのではないでしょうか。 …
  3. 緊急事態宣言も3回目でストレスが溜まっている人も多いかと思います。勤務形態も在宅になったという人もジ…
  4. ダイエット失敗
    ダイエットを決意してもすぐ挫折してしまう人は後を絶ちません・・・。世界を見渡すとダイエットが話題にな…
  5. 髪の悩みを抱える人は年々増えているとされますが、原因を突き止めない限りは問題解決は難しいと思われます…

カテゴリー

airCloset

ブログをメールで購読

登録すると更新情報をメールで受信できます。

3,511人の購読者に加わりましょう
ページ上部へ戻る