なかなか改善できない目の下のクマの原因と対策

目の下のクマ

顔の印象を大きく左右する大切な目ですが、その下にくっきりと黒い影・・・目の下にクマがあると印象が暗く、老けた感じになります。

スマホ、パソコンなどで目を酷使する生活が続く中で、なかなか改善できない目の下のクマですが、その対策についてまとめました。

クマの種類は3つあります

クマはその種類によって原因が異なりますので、まずは自分の目の下のクマがどれに当てはまるかチェックしてみましょう。

  • 「青クマ」血行不良などが原因で、寝不足や体の冷え、目の酷使で慢性化することも
  • 「茶クマ」色素沈着などが原因で、目をこする癖やアイメイク落としなどによる摩擦が引き金に
  • 「影クマ」目元のたるみや凹み・小じわなどが原因で、加齢や顔立ちによるものがある

目の下のクマがなかなか改善しない原因

目の下のクマについて3つの種類を紹介しましたが、クマが気になる方はどれか1つではなく、2つあるいは3つが複合的に起こっていることが多いようです。

また、パソコンやスマホの多用といった目を酷使する生活習慣や目を擦るクセなどはなかなか治らず、すぐに改善することが難しいもの。

まずは先に述べたようなことが目の下のクマの原因となっていることを意識し、その上ですぐにできる対策から取り入れ、ケアを続けることが大切です。

目の下のクマの対策

すべての種類のクマに効果的な目元の「ツボ押し」

目の周りには血の巡りをよくするといわれるツボが複数あります。スキンケアの際に親指の腹を使って押してみてください。息を吐きながら、気持ちいいくらいの力加減で押すのがポイント。

血行をよくすることはどのクマにも有効ですので、アイクリームを塗る際の習慣にしてみましょう。目元の小ジワやハリ不足が気になる方にも有効です。

冷えを解消する「温める生活」

「青クマ」には、冷えによる血行不良対策として、運動や入浴が有効。特にパソコンやスマホで目を酷使する生活は目だけでなく全身のコリや血行不良を招くので、毎日湯船に浸かって温浴効果で全身を温めてほぐすのがおすすめです。

また、朝、起きたときに顔色が冴えないと思ったときには、スキンケア前の蒸しタオルで肌を温めてあげるのもよいでしょう。

「茶クマ」対策には、アイメイク用リムーバー

目元のメイクをきちんと落とそうと、知らず知らずのうちに擦ってしまうことも。どんよりくすんでいる人はメイク落としを見直してみてください。

また、アイメイクがしっかり落とせていないことも色素沈着の原因になります。アイメイクが簡単に落とせるリムーバーがおすすめ。

3種の目の下のクマを上手にカバーする方法

解消しにくい目の下のクマを上手に隠すには、コンシーラー選びと塗り方がポイントです。目の下はよく動く部分ですからヨレたり、シワに溜まって崩れたりしにくく、ベッタリと厚塗りにもなりにくい伸びと密着感のあるリキッドタイプなどがおすすめです。

光の透過や拡散効果のあるパウダー配合のものなら3種のどのクマにも対応でき、きれいに隠してくれます。

最後に

なかなか消えない目のクマですが、ツボ押しや、温める工夫、マッサージ等を取り入れてケアを続けましょう。めぐりをよくする生活習慣とスキンケア、メイクの工夫でぱっちり印象的な目元を目指してください。

アイキララの特徴は「目の下の皮膚痩せ」に着目して、目元のお悩みを解消する事にあります。【アイキララ】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  • 保険コネクト
  • maca_20210126_300×250

ピックアップ記事

  1. 保険の見直し診断
    家計改善、特に支出を減らす節約に大きな効果を生むと言われているのが「固定費の見直し」です。 家…
  2. ムダ毛処理
    ムダ毛の自己処理をしている女性の多くが、自己処理に関する悩みを抱えているのではないでしょうか。 …
  3. 緊急事態宣言も3回目でストレスが溜まっている人も多いかと思います。勤務形態も在宅になったという人もジ…
  4. ダイエット失敗
    ダイエットを決意してもすぐ挫折してしまう人は後を絶ちません・・・。世界を見渡すとダイエットが話題にな…
  5. 髪の悩みを抱える人は年々増えているとされますが、原因を突き止めない限りは問題解決は難しいと思われます…

カテゴリー

保険コネクト

ブログをメールで購読

登録すると更新情報をメールで受信できます。

3,511人の購読者に加わりましょう

ハッピーメール
ページ上部へ戻る